製品情報

  • 製品情報
  • SANKOH式200型連結高速中綴じライン

SANKOH式200型連結高速中綴じライン

製品情報一覧

紙工機械

製本機械

SANKOH式200型連結高速中綴じライン

特徴

  • 200型高速中綴じラインは、低騒音、耐久性を追求すべく、すべての駆動部をギアケース内に収納するために開発された、新たな中綴じラインです。
  • 210型中綴じ機は、厚み測定部に電子キャリパーを搭載しており、簡単にしかも正確に合わせることができます。また、セレクタースイッチにより感度の許容範囲を変更する事が可能です。
  • 221型入紙掛機は、テーブル高さを98cmとし紙載せ作業の疲労を軽減します。
    また、独自のストッパー調整機構は、機械運転中でも外部から調整可能です。操作スイッチ、シフトレバー、エアーコックは、すべて前面操作になっていますので調整が楽です。
  • 231型表紙折掛機は、独自のローラー挟み折機構で、確実な折加工が可能です。また、運転中のセンター合わせも可能です。
  • 250型三方断裁機は、独自のタイミング調整機構により、入口部に設置の調整ノブを回すだけで簡単にセットできます。給油等のメンテナンスも集中給油により、保全時間の短縮に努めています。裁屑落しエアーショットが装着可能です。
  • 運転操作盤は、操作性と視認性を追求させるべく、アナログ&タッチパネル融合タイプを搭載しております。アナログの確実な操作性、タッチパネルによる見易い表示で、安全で簡単に運転できます。
  • これら一連のラインは、アンカーボルト等で固定する必要がありませんので、床を傷つけることなく設置でき、何時でも工場のレイアウト変更が可能です。
  • 落ち着いた風格のある色調は、工場レイアウトに違和感を与えません。

製品仕様

機械スピード 3,000~12,000冊/H
消費電力 メインモーター 5.5kW
自動入紙掛機ドライポンプ 0.75kw×台数
表紙折掛機ドライポンプ 1.5kw
クロスカッター 1.5kw
機械重量 約7,100kg(上図レイアウト仕様の場合)
約6,780kg(下図レイアウト仕様の場合)
綴じ箇所 2ヶ所~4ヶ所
自動入紙掛機紙寸法 最小150×100mm 最大420×315mm
表紙折掛機紙寸法 最小150×105mm 最大380×270mm
三方折掛機紙寸法(仕上り) 最小148×105mm 最大420×297mm
ステッチャー仕様
SS型 S型 M型 L型
クラウン幅 10mm 12mm 14m 16mm
最大綴じ厚 3mm 5mm 6mm 7.5mm
最小綴じ間隔 48mm 58mm 87mm 92mm
使用針金 #26~#28 #24~#26 #22~#24 #21~#23
レイアウト図

200renketsu

ページトップへ

お気軽にお問い合わせください

TOP